メニューの紹介

お食事のメニューの紹介です

すべて、国産の食材を使用しております。
地場の野菜にこだわり、国産の美味しいと言われる材料を、
直接生産者様からお譲り頂いております。

スープの材料は、南部かしわ、南部鳥、豚骨、玉ねぎ、大蒜、人参、生姜、出汁昆布、スルメの9品目です。おいしいスープが出来上がるように、沸騰寸前の火加減を保ちながら、丁寧に灰汁をとりながら、毎日4時間かけて、透明なスープを作っております。
お子様にも安心して召し上がって戴きたいと思い、材料を吟味しておりますが、
卵や、小麦アレルギーのお子様には提供できませんので、ご理解ください。

スープの鍋です

地鶏のスープを使った麺のメニュー

中華そばの基本形を守りながら、地鶏の旨味を味わって頂きたい、透明なスープのラーメンです。

肩ロース肉を2日間かけて叉焼にしました。厚くて柔らかい叉焼を3枚トッピングいたしました。
  地鶏旨味 醤油ラーメン      チャーシュウ麺
 税込み価格  450円   税込み価格 600円

 

地場の有機栽培ねぎを白髪に刻んで、黒コショウとラー油で合えた、ちょっぴり辛い麺です。
 

醤油ラーメンに日替わりの今日のご飯と香の物がついて、食後のコーヒーをセットしました。限定10食 コーヒーなしは50円引きです。
    白髪ねぎ ラーメン       お勧めセット
  税込み価格 550円    税込み価格 650円

日替わりのご飯について
日替わりのご飯は、炊き込みご飯や、牛丼、麻婆丼、つくね丼、チャーハン、カレー丼、3色ご飯、アサリご飯など、日によって変わります。今日のご飯を単品でご注文いただくことも可能です。

県産食材100% 手づくり餃子

岩手県産の肉、雫石産の有機栽培キャベツ、ニラ、自家栽培のニンニクなど、岩手県産の材料のみを使い、手づくり。
 5個1皿 300円 (税込み) 南部鉄器の焼き器で焼き上げます。
 テイクアウトも可能です。 冷凍でのテイクアウトは、
レシピ付きです。

手づくりのスイーツ

ババロア

甘さを控えた、フワフワのスイーツです。
季節の果物を添えました。

ヨーグルトムース

イチゴや巨砲などの果物を練りこんであります。
甘さを控えて、シットリと仕上げました。

 

  杏仁豆腐

杏仁粉をゼラチンで、フワトロ に仕上げました、
柔らかな食感を召し上がって戴く、杏仁豆腐です

グレープフルーツゼリー

アメリカ産のグレープフルーツの果実をゼラチンで包み、はちみつグラニテをかけてあります。
グレープフルーツそのままに、さっぱりとした味のスイーツです。

 

 

水ようかん

無農薬栽培の小豆を皮ごと使っています。甘さを抑えて、ヘルシーな冬でも美味しい羊羹です

 

ブレンドコーヒー

スイーツではありませんが、世界で認められた黄金ブレンド、『夢の追想』です。税込み価格250円、お食事の方は150円です

おやまあっちこっち 6

霧氷が見られる御所湖です。

2017年の冬は早くやってきました。
例年にない12月の寒さですが、この時期から御所湖特有の霧氷が見られます。

御所湖の川霧が木々に着いて凍ったもののようですが、木々が白くなり、墨絵を見ているような景色が広がります。
この霧氷は、前日の気温が比較的高く、朝とても冷え込んだ時に発生します。
10時頃には無くなります、早い時間に出かけてみてください。

またこの時期は、空気が乾いているため、岩手山がとてもきれいに見えます。

岩手山 塩ヶ森園地公園から

 

夕方の岩手山
南岸の霧氷
町場地区園地公園
早朝の岩手山
つなぎ大橋と御所ダム
御所湖西岸
矢櫃川
お山の畑
町場橋から
晴れた日の霧氷
慰霊の森入り口
ススキについた霧氷
冬の駒ケ岳

 

あっちこっちの投稿も6回になりました。

次回は冬の遊びを考えてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

あっちこっち-5

御所湖の紅葉

岩手山に冠雪があると、御所湖の紅葉の時期となります。
御所ダムの建設によって出来た、人造湖が御所湖です。
雫石川や、矢櫃川が注ぎ水量豊かな御所湖のの周りには
広葉樹の森が数多く点在し、見事な紅葉が見られます。
御所湖周辺には、13の公園施設が点在し冬期間を除いて
沢山の人たちに訪れて頂いていますが、紅葉の時期は、天候も穏やかで、
弁当を広げる、ファミリーをよく見かけます。
また、御所湖周辺には、つなぎ温泉、手づくり村、小岩井農場など、
古くから人気の観光施設もあり、紅葉を見ながら温泉などを楽しむ事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな秋の日の鏡像です

 

お山あっちこっち-4

矢櫃川渓谷の紅葉

雫石には、たくさんの紅葉の名所がありますが、
あまりメジャーではない、隠れた紅葉の場所の紹介です。

落人の里として知る人ぞ知る、『葭ケ平』です。
紅葉のトンネルを抜けると、突然開ける処が、葭ケ平です。
雫石町西安庭第25地割54が正式地番
遠くの山々まで、紅葉している様は一見の価値あり、
カーブミラーが随所にある、狭い道路ですから、
対向車に気を付けながらの、紅葉狩りですが、
思い出に残る、お出かけになることでしょう。

紅葉は、10月初旬から、全山染まるのは10月中頃です、
そんな紅葉を昨年までの画像でお知らせいたします。

矢櫃川渓谷です。

矢櫃川渓谷は、矢櫃ダム上流より流れ出て、御所湖に注ぐ渓流です。

山間にひっそりとたたずむ集落は、葭ケ平。
源義家が安部貞任の追討のために訪れたとか、九戸政実の合戦の落武者が住んだなどの伝説があり、迫りくる山々の紅葉は圧巻です。

葭ケ平の紅葉

渓谷には神社がある。堀合神社
道路を覆う紅葉
道路から見る紅葉

渓流沿いの紅葉は赤いのが特徴です

まだまだ、広葉樹の森が沢山です。

お山の畑のアクセスpage

お山あっちこっち-3

キバナコスモスサンセット

御所湖 町場地区園地公園では、
毎年広大なキバナコスモスサンセットの畑が出来ます。

町場地区園地公園

このキバナコスモスサンセットは、岩手県生まれの花なのです。
1996年紫波町日詰の橋本昌幸氏が作り出しました。
黄色いコスモスに、赤い斑点を見つけ、10年以上かかって
全面朱赤色のコスモスを作り上げました。
このコスモスは、サンセットと命名され、
アメリカの品種コンテストで、金賞を受賞、話題となりました。

この橋本昌幸氏、調べてみたら、ご家族に偉人が2人もいらっしゃいました。
お父さんは、365日卵を産む鶏を、世界で初めて開発しました。
叔父さんは、有名な画家の 橋本八百二画伯です。

町場地区園地公園 のサンセット

ホテルエース盛岡観光より

御所湖のキバナコスモスは、御所湖広域公園の開園30周年を記念して、
植えられるようになりました。
5000平方メートルの畑に、30万本の赤いコスモスが咲きます。
毎年、9月1日~15日頃が見ごろとなります。

岩手山を背景にして咲く姿は、美しく、爽やかな秋風が心地よく感じます。

 

 

 

 

お山あっちこっち-2

夏の御所湖といえば・・

やっぱり カヌーでしょう。
子供たちばかりではなく、50代60代の元少年少女も通っています。
湖面が穏やかな夏の午後、涼し気に湖面を移動するのが楽しそうです。
夏は、カヌーとボートでしょう。

丁寧に教えてもらえる、体験コースもあり人気です、
しかも数百円の格安料金、
岩手県営、御所湖漕艇場でカヌー体験をしてみませんか。

カヌー体験

湖面が夕日に染まる御所湖も

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

漕艇場の艇庫も一見 カラフルなボートやカヌーが整列しています。

漕艇場の景色も素晴らしいのですが、艇庫を見たり、カヌーやボート選手達の
練習風景を見ていると、水の上をとんでもない速さで進む艇に驚きます。

ずーと眺めていても飽きない、御所湖漕艇場の風景をお届けしました。

 お山あっちこっち に戻る

 お山あっちこっち3を投稿いたしました