薪作り親方の薪ストーブ

薪ストーブ、お使いになっている方が増えていますが、ストレスなく使えていますか? ストーブ屋さんが教えてくれない暖かくストーブを使う方法について、話してみたいと思います。

10年ほど前、私も初心者でしたので、薪ストーブを上手に燃やせませんでした。すぐ燃えてくれない、暖かくならない、毎日店のストーブに火を入れるのですが、ストーブの温度が200℃になるまで、1時間くらいかかりました。しょっちゅうストーブを見て、薪をいじっていました。

燃える薪と、燃えない薪があって日によって、暖かくなる時間に差がありました。寒い中、来店して頂いたお客様にとってはチットも魅力的なストーブではありませんでした。

 

始めドンドン、中ドンドン 

250℃まで まっしぐら!

しかし、6年ほど前から来店頂いたお客様が、『あったかーい』と言って頂けるようになりました。ストーブを暖かくするには、条件とコツがあったのです。そのコツが徐々に上達になり、今では、着火後20分でストーブの温度を250℃に上げる事が出来ます。30分くらいで、沢山の熾火が作れるようになり、ストーブの温度が250℃を安定して保てるようになったのです。

私の体験から、ストーブの燃やし方をお伝えしてみたいと思います         

すぐに

火が付かない

焚き付けには、楢の表皮が一番良い。着火しやすく火力がある。 ハンディタイプのガスバーナーでの着火も有効的です。紙屑での着火は絶対にしないでください。煙突火災の最大の原因です。

薪に

火が燃え移らない

薪が湿っています、翌日分をストーブの傍に置いて、乾かして置く癖をつけてください。小割り、中割りの薪で最初の熾火を作ってください。最初から、太割りでは火が付きにくいのです。

勢い良く

燃えない

火の通り道を考え、交差して置いてください。必ず最初は、井桁に置くことを 習慣にしましょう。中割りの薪の乾燥不十分なことも関係します、十分に乾いた薪を捜しましょう。

ストーブ

温度上がらない

薪の乾燥不十分、15か月以上の乾燥が必要です、乾燥が不十分な薪は、薪の中の水分が気化熱となって、ストーブ内の温度を下げてしまいます。よく乾いた薪を新たに購入する必要があるかもしれません。薪の購入時に乾燥期間を確認しましょう

 250℃を

安定して保てない

 薪が細すぎるか、乾いていません。熾火を沢山作ることで、燃焼は安定します。細いと熾火は出来易いのですが、長く熾火でいられません。乾いていない薪は、熾火になるまで時間がかかり、時として熾火にならずに燃えてしまいます。太いものもよく乾いた薪を使いましょう。

薪の投入

頻度はどれくらい

 よく乾いた楢の太割りの場合、2時間くらい燃焼します。薪は干渉燃焼で燃えますから、太割り2本の薪で2時間。つまり普通の燃やし方では2時間で1回2本の薪を入れることに成ります。部屋が暖かく、ストーブの温度も200度以上ならば、熾火の状態を見ながら、投入しますので、もっと長くなります。

 1回にストーブに

入れる薪の量

 たくさん入れても無意味です。メーカーは炉内の半分で、500℃まで温度が上がることを想定して設計しているとの事、従って、沢山いれても空気の流入不足となり、ストーブの温度は上がりにくいとの事です。

 灰皿の灰は

重要です。

 灰皿の灰は全部取らないでください。灰皿の灰は除湿や、保温の役割をしています。灰皿の灰は毎日捨てないでください。灰皿に半分以上残した状態で、火を入れることが肝心です。

 やっては

いけない

 紙、ビニールは燃やせません、紙はトップ炎上の要因、ビニールは排煙が出来なきなります。夜、薪を投入して、空気を絞った状態で就寝しないでください、煙の酸で煙突がダメになります。就寝時は熾火になっていることを確認して、空気を絞って就寝しましょう。煙突は高価です、ヨーロッパでは2重煙突は一生物と言われていますから、

林業屋さんで、薪作りの手伝いをして、4年になりました。すべての薪を均一に乾かすためには、数回の積み替えをしながら、風が通るように、上から雨にあたらないように、薪一本の重さと太さに気を配り、暑い夏にかけて薪を作る作業は、ちょっとハードです。今年は20tトラック4台分を薪にしました。来年10月以降に販売する分です。

環境省木質バイオマスストーブ環境ガイドブック 参照

里山のコナラ、ミズナラを薪にしています、木は硬く重く、チェンソーを使う頻度も高いので、怪我に注意しながらの毎日ですが、里山の風に吹かれながらの薪作りは、70歳の年寄二人の生き甲斐の様な感じです。時間が出来たら、セルフで薪作りをしている方たちに、早く乾かす薪作りの方法を投稿してみたいと思っています。

12月31日 薪作りの方法を投稿しました。 icon-arrow-circle-right  薪の販売情報を掲載いたしました  icon-arrow-circle-right 

 icon-linkedin-square 廣瀬林業                 

 お山の畑おおooicon-linkedin-square

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA