お山の畑あっちゃこっちゃ 6月

6月の畑 花盛り

今年の6月は気温の低い日が続いています。
それでも、畑は花が咲き始めましたよ、夏から、秋にかけて収穫できる野菜の花達。
野菜の花はとっても謙虚です、実を成らせるために静かに、目立ち過ぎないように カナ?

 菜の花

広い菜の花畑、とっても綺麗です。広い畑があったなら、一度は試してみたいと思う美しさです。
お山の畑のすぐ傍には、町場地区園地があり、ここの菜の花畑はとっても広いのです。
岩手山を背景に、広い菜の花畑ですよ。

 

ジャガイモ

とうや

男爵

メイクイーン

 

ジャガイモの花は品種によって、花弁の色や形が違っているんです。
お山の畑の畑はあまり広くないので、畝の途中から別の品種を植える事があります、植えつけた後で「ここは何を植えたっけ?」となることが度々あります。
そんなときは、花が咲くまで待って、植えた品種を判断、確実に花の色で判別できます。

今年は3種類を育てています。煮物に使うことが多いので、荷崩れがしにくい 「とうや」に挑戦中です。

きぬさや

花から絹さやを連想することが出来ない程、特異な形をしています。
絹さやは卵料理から、朝の味噌汁まで、とてもレシピの種類が多い、みんなが好きな野菜ですね、
いかの烏口のような姿の花、鼻を突きだして、獲ってはダメ! と主張しているからチョッピリ可愛いなと思います。

エンドウ豆とも呼びますが、雫石ではスガワリ、なぜなんでしょうね?

胡瓜・トマト・ナス 夏野菜の定番

畑に植える野菜から外せないのが この三つ!!
胡瓜の品種も沢山増えて、最近は曲がらない胡瓜もありますが、苗選びが肝心、カボチャに接ぎ木した苗を選ぶと、かなり長い間収穫できます。
トマトも種類が多くにわか百姓にとっては、何を選んでいいのかわかりません。次々と出てくる枝の芽欠きを小まめにして、あまり水を与えず、甘くなるのを待って収穫。
最近は、尻割れを防ぐ薬剤もあるようですが、雨にあたらないように工夫すれば、割れは少ないようですよ。
茄子。茄子 奈良時代から栽培されているので、とても品種が多いのですが、料理の用途で選べる楽しさがあります。私は、茄子があまり好きではないので、嫁が秋まで食べられないくらいしか植えません。漬物にしたり、みそ汁の具になったり、用途は広い茄子、寒さに弱いので、お山の畑では6月始めに植えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA